平沼園卓球場(当施設の歴史)

昔から武蔵野市在住の方には知る人ぞ知る卓球場「平沼園」が現在のBONFIM Football Park三鷹平沼園です。

昔ながらの体育館の趣が残っていてどこか懐かしさを感じさせる建物となっています。なんと昔は敷地内には当時珍しかった25mプールもあったようで今では考えられませんね。BONFIMの敷地を出て右手側に十字路がありますがそこの交差点が「平沼園交差点」なんです。だからかもしれませんが武蔵野市でタクシーに乗って三鷹平沼園までお願いしますと伝えるとほぼ全ての運転手がわかってくれます。それ程地域の人達にも認知されていて楽しんで頂いていたのが卓球会館であり25mプールだった様です。

三鷹平沼園の卓球会館を改装してBONFIM Football Park三鷹平沼園にリニューアルオープンした経緯も施設館主の平沼さんが体育館に地域の人が来なくなるのが寂しいという事からオープンしたBONFIM。BONFIMとしてオープンをした当時から未だに来ていただいているお客様もたくさんいらっしゃいます。人との出会いに感謝して人との出会いを大事にするそんな施設でずっといたいと思います。地域のお客様や遠方のお客様1人でも多くのお客様に幸せな・楽しい時間を過ごして頂けるように、笑顔、笑い声溢れる施設を目指してここ「三鷹平沼園」で新しい歴史を築いていきたいと思います。


2007年12月30日、卓球場「平沼園」(館主:平沼昇)が閉館しました。「平沼園」といえば、知る人ぞ知る卓球場。一般の愛好者も利用できる卓球場でありながら、明治大学卓球部の練習場兼合宿所で、日本・海外のトップ選手たちも数多く足を運んだという伝統ある卓球場でした。昭和22年頃、当時、東京都の青少年育成に携わっていた平沼鶴吉さんが、子供たちのレクリエーションおよび体力向上のために卓球台3台設置のバラックを作ったのが「平沼園」の始まりでした。
昭和28年頃の平沼園。卓球台3台のバラックから4~5台ほど置ける建物へと増築。
昭和29年、平沼園第1号の明治大卓球部員。元世界代表で同大学の総監督を務める兒玉圭司さんの姿も(前列右端)。
昭和30年頃の卓球場(奥)。目の前には、当時珍しかった25mプール。卓球ブームと珍しいプールで、多くの人でにぎわった。
卓球場の内部。10台設置され全日本の関東予選なども行われた。2階には50人ほど泊まれる合宿施設も整備。
平沼園を立ち上げた平沼鶴吉さん(前列右から2番目)。後列には在学中に全日本ダブルスを制した渋谷五郎さん(左端)、村上輝夫さん(左から2番目)の顔も。
JR中央線沿いという立地の平沼園。右が卓球場で、左隣の建物は、多くの卓球部員が寝食をともにした卓球部寮。
日本だけでなく、海外のトップ選手も多く来場。左は江加良、右はワルドナー&フォン・ジェーレと館主の平沼昇さん。
打ち納めに集まった平沼クラブの面々。右:親子二代でお世話になったという前原正浩さん(明治大卒/元全日本チャンピオン)と平沼昇さん。
2008年3月3日にボンフィンフットボールパークとして生まれ変わりました。現在は幅広い年代の皆様のPARKとして、3歳のキッズから60歳以上のシニア世代の方たちもさまざまなスポーツやイベントを通じて、地域に根ざした活動をしています。
2014年3月1日にリニューアルオープン。より快適にお過ごしいただけるように、コート、更衣室、トイレ、歓談席を一新しました。