インタビュー ピラティス参加者

インタビュー ピラティス参加者

個人参加プログラム ピラティス参加者:皿谷千春さん・インストラクター草野千裕先生(ブログ
インタビュー日時:9月27日 火曜日 10:45-12:00
インタビューアー:スタジオコンチーゴ株式会社


何事もそうですが継続して行う事が大事です。
ピラティスもそうですが1回だけ行ってもそこまで効果はありません。週に1回でも通って行う事で健康的で美しい体に近づいていきます。
三鷹・吉祥寺習い事はピラティスはいかがでしょうか?ピラティスはもともとリハビリから始まったエクササイズです。怪我をしている方でもできるエクササイズなので、体が硬い方にも安心して取り組んでいただけます。呼吸法、姿勢の整え方を丁寧に確認しながら、インナーマッスルをしっかり使い、体幹部を強化します。体幹が安定してくると、姿勢が良くなり、内臓の位置も整うことで代謝も上がり、太りにくい体に変化していきます。 またストレッチ効果が高いエクササイズも含まれているため、徐々に柔軟性も増して、しなやかな体になっていきますBONFIM Football Park三鷹平沼園のピラティスでは月によってテーマを設定しています。特に自分が気になる所がテーマになっている月は自分の体を変えるチャンスです!! 先生もすごく親身に相談にのってくれますのでレッスン後は悩みを相談するのも良いですね。
又レッスンの振り返りも含めてピラティス通信を配信しております。 忘れてしまった時は見て再度お家で行ってみるのも良いかもしれませんね!!当施設のピラティス教室は回数券もご用意させて頂いておりますので三鷹・吉祥寺習い事はリーズナブルに通う事ができます。
三鷹・吉祥寺近辺で習い事を探しているご友人様もお誘いあわせの上奮ってご参加下さい。


ピラティススクールに通うようになったきっかけを教えてください。

自分の友人が通っていたので誘ってもらったのがきっかけです。
通い始めたのが2009年なので、もう2年以上経過しています。
そう考えるとあっという間です!

そうですね、早いですよね!
もう3年目になりますね。
嬉しいですよね、こうしてずっと通っていただけるのは!


どうですか、ピラティスに参加してから?効果は感じていますか?

かなり感じていますよ!
頭痛、肩こり、腰痛などがかなり良くなりました。
あと、冷え性も本当に良くなりました。

あと、皿谷さんはピラティスをやって、
姿勢が良くなった人の一人ですよ。
2年以上続けて実感されていると思います。

そうですね。それは友人からも言われましたよ、 姿勢が良くなったって。
ピラティスは体の内外全てが美しくなるエクササイズですよね。
だからこそ、続けていられるんだと思います。


ピラティスってそもそも、どういう効果が期待できるんですか?

シェイプアップはもう有名ですが、リハビリのメニューとしても
使われています。 それと、姿勢の改善ですね。体のバランスを整えて、
体を効率的に使い、手足の負担を減らすことができるんです。


どういう人に、ピラティススクールに参加して欲しいですか?

体の悩みがある人に一度参加して欲しいですね。呼吸法もエクササイズに含まれていて、胸式呼吸で心肺機能を高めることもできます。スポーツをやっている方にも適していますよ!美と健康に効果があるエクササイズだし、またこのボンフィン三鷹でやっているピラティススクールはとってもアットホームな雰囲気なので、初めての方もお気軽に参加して欲しいですね。

そうですよね、本当にアットホームだと思います。
先生と受講者の距離が近いので、話しやすいですし、
安心して参加できると思いますよ。


初めての方でもついていけますかね?

さっき言った胸式呼吸のやり方など、基礎からしっかりと学んでもらいます。
基礎の呼吸法さえ覚えてもらえれば、すぐに馴染んでいただけると思うので、
初めての方でも安心して参加してくれると嬉しいですね。

そうですね、胸式呼吸は自分達にとっても良い復習になりますからね。
参加者の皆さんも良い人だし、友達も出来て楽しいですよ!
あと、男性の方もたまに参加されていますよね。

そうですね!稀にですが、男性の参加者もいらっしゃいますね。
女性ばかりのクラスですが、男性の参加者もお待ちしております!
子連れの方でも参加できるクラスもありますので、お気軽にお問合せして欲しいですね。



『ボンフィンのピラティス教室は、"無理せず楽しくキレイなカラダへ!"をモットーに行っています。

インストラクターの草野先生はとても気さくな方で、毎回楽しいエクササイズやグループワーク、カラダの仕組みや知識を分かりやすく教えてくださいます。楽しくキレイになれるって、とても素敵なことだと思いませんか?まずは自分の意識を変えることから一緒にはじめましょう!』